メインコンテンツ

その他のコンテンツ

薄毛の原因

薄毛になる原因として、まず耳にするのが遺伝です。親が薄毛だから薄毛になるのでしょうか。薄毛という現象そのものが遺伝するのではなく、薄毛になりやすくなる体質が遺伝するといわれています。薄毛になりやすい、つまり脱毛を引き起こしやすい男性ホルモンがあります。ジヒドロテストステロンという物質で、このジヒドロテストステロンの量を増やすのが5a-リダクターゼという男性ホルモンの一種だといわれています。

5a-リダクターゼが多くあると薄毛になる可能性が高くなり、この分泌量が遺伝するのです。この薄毛が遺伝するという体質は、特に母親の影響が強いといわれています。しかし、あくまでなりやすい体質なわけで、必ずしも薄毛になるとは限りません。その他の影響も大きく受けている可能性があります。髪の毛は毛細血管から栄養補給されて成長しています。そのため血流が悪くなることにより、成長がにぶり、髪の毛は抜けやすくなります。

また、皮脂の異常分泌により、皮ふに炎症が起きてしまったり、毛穴がつまってしまい、髪の毛の成長を阻害してしまいます。血流が悪化し、皮脂が活発にでてしまうのは、食生活や運動不足なども関係あります。そして、成長などで頭皮が突っ張って、頭蓋骨と頭皮の間にある血管圧迫により、血流が悪化してしまい、毛乳頭細胞の活動が低下し、抜け毛が起こるのだろうともいわれています。頭皮の健康状態は髪に多大な影響をあたえるのです。

[注目サイト]
ハーグ(HARG)療法という発毛治療を行っている中央クリニックのサイトです・・・発毛